抵抗力・免疫力高めたい人にはラクトフェリン!

免疫力・抵抗力ってなに?

 

免疫力や抵抗力とは、外から体内に侵入しようとする有害物質や細菌、あるいはウイルスなどのからだに悪影響を与えてしまうものからからだを守るために闘ってくれる力と言ってよいでしょう。ヒトなら誰でも本質的に備わっている機能であり、仮に免疫力や抵抗力がなくなってしまうと、すぐに外敵に負けて病気などに罹り易くなってしまいます。たとえば、赤ちゃんです。生まれたばかりの赤ちゃんには抵抗力や免疫力がほとんどないので、ちょっとした風邪や体調の悪化でも生命にかかわるものとなってしまうのです。

 

免疫力や抵抗力が落ちるとどうなる?

 

ヒトの免疫力や抵抗力のピークは、20代〜30代と言われています。また、年をとっても元気な人は、抵抗力や免疫力が高く、若いのに元気がない、よく風邪をひくなどの病気に罹り易いような人は免疫力や抵抗力が弱い方となります。

 

そして、免疫力や抵抗力が低下してくると、細菌やウイルスに負けやすくなります。アレルギー症状のある人だと、免疫力や抵抗力が落ちてしまうと、アレルギーに対する耐性が落ちてしまって、これまでなんでもなかったのにすぐにアレルギー症状が出てしまう、あるいはいつもよりアレルギー症状がひどくなってしまうことになります。

 

たとえば、これまで花粉症を感じなかった人が、「なんか今年は花粉症にかかったみたいだ!…」となるのは、免疫力や抵抗力が低下したことで、「これまで花粉症を発症しなかったのに今年は発症してしまった」ということなのです。

 

免疫力や抵抗力を高められるラクトフェリン

 

低下した免疫力や抵抗力を強くしたい、今ある免疫力や抵抗力をさらにパワーアップしたい、と考えるなら、免疫力や抵抗力を向上させられるサプリメントがオススメです。ヒトの免疫力や抵抗力を高めてくれるサプリメントは意外に多いのです。

 

たとえば、プロポリス、乳酸菌、ビフィズス菌、キノコのアガリクス、昆布のフコイダンなどがあります。そのような免疫力や抵抗力を高めてくれる成分を含んだサプリメントの中で、特にオススメしたいのがラクトフェリンなのです。

 

ラクトフェリンには、様々な健康効果がありますが、ラクトフェリンの効果の中で特に評価が高いのが「免疫力の調整機能」「抗菌・抗ウイルス作用」の2つとなります。ラクトフェリンの成分は、人間の分泌液に含まれる糖タンパク質であり、病原菌の侵入口で抗菌成分として働く作用があるのです。

 

また、ラクトフェリンの免疫力と抗菌作用の高さに関して言えば、生まれたばかりの抵抗力も免疫力もない赤ちゃんが母乳に含まれているラクトフェリンを摂ることで、免疫力や抵抗力を高めて病気にならないようにすくすくと健康に育てられる力にあると言ってよいのです。

 

加えて、ラクトフェリンが免疫力や抵抗力を高くするのは、白血球の1つとなる好中球がラクトフェリンに含まれていることで、細菌が体内に侵入するとラクトフェリンが血中に出て細菌をとって殺すマクロファージの貧食作用を活性化させることにあると言ってよいのです。

 

加えて、ラクトフェリンは、体内を常に巡回してウイルスに感染した細胞やがん細胞を探し出して殲滅してくれるNK細胞などの「殺し屋細胞」の働きを活性化させることで免疫力や抵抗力を高めてくれるのです。

 

このようにラクトフェリンには、免疫力や抵抗力を高めてくれる作用があるので、「免疫力や抵抗力を向上させたい!」といった人は、積極的にラクトフェリンを摂取するとよいと思います。