頑固な便秘でお悩みの方ならラクトフェリン!

どうして便秘になるの?

 

便秘とは、自分の排泄メカニズムが乱れて、便が長時間にわたって腸内に滞留してしまう状態、あるいは症状となります。また、便秘の定義としては、「週当たり2日以下しか排便がない状態」とされているようです。しかし、そのような排便回数が少なくても、満足できる排便量であり、排便時に苦痛や残便感や不快さがなければ便秘とは言えない場合もあります。そして、便秘で特に問題となるのは、便秘が長期間続いてしまい、頑固な便秘となってしまう場合です。

 

特に、女性の場合は、頑固な便秘で苦しんでいる人は多いと思います。頑固な便秘になっている人では、腸内で「宿便」となってカチカチに固まった便が腸壁にへばりついてしまう状態となっており、ヒトによってはこの宿便を腸内に5キロ以上も抱えているケースもあるようです。

 

そうなると、頑固な便秘は肥満に繋がってしまい、美容の大敵となってしまいます。便秘になってしまう原因としては、まず「運動不足」を指摘できます。運動不足になると、排便するために使う腹筋や背筋の力が弱くなることで排便がし難くなってしまう、また血液のめぐりが悪くなっていろいろな臓器の働きを低下させてしまうことで排便を促す腸のぜんどう運動が停滞気味で便秘になるのです。

 

2つ目は、「便意を我慢してしまうような人」なんです。これは特に女性に多い傾向と言えます。女性は男性に比べると、外聞を気にしてトイレに行きにくい人が多いようであり、その傾向は若い女性に多いと言われています。そして、便意を我慢する癖がついてしまうと、腸のぜんどう運動が弱くなってしまって、便を排泄したいと思っても出なくなってしまうことで便秘になるのです。

 

頑固な便秘を治すならラクトフェリンがいい!

 

便秘になってしまう腸内環境での原因としては、腸内で悪玉菌が増える一方で、腸内を正常に保つ善玉菌の働きが弱まって善玉菌が減ってしまった状態を指摘できます。そして便秘によって悪玉菌の勢いが強くなって悪玉菌が優勢な腸内環境になってしまうと、腸のぜんどう運動を弱めて便が排泄し難くなることで便秘になってしまうのです。

 

さらに、便秘になって腸内に便がたまると、その便をエサとして悪玉菌がますます増殖してもっと腸のぜんどう運動が低下して、頑固な便秘となります。そのことから頑固な便秘を治すには、なによりも増えてしまった悪玉菌の働きを弱めつつ、悪玉菌を退治することが必要になります。そして、悪玉菌の力を弱めて悪玉菌を退治するためにはラクトフェリンがよいのです。

 

ラクトフェリンは、腸溶性なので、直接に腸まで届いて腸内で効果を発揮できることで、ダイレクトに腸内環境に働きかけられるのです。ラクトフェリンの腸内での効果としては、ラクトフェリンは善玉菌のエサとなるので弱まった善玉菌の働きを助けつつ、善玉菌を増やすことが可能となります。

 

腸内で善玉菌の力が強まり、善玉菌が増えれば増えた悪玉菌に代わって善玉菌が優勢な腸内環境となって低下した腸のぜんどう運動も回復します。腸のぜんどう運動が回復すれば、便の排泄機能も元に戻るので、たまった便を体外に排泄できるようになります。

 

便が排泄できるようになれば、まずは頑固な便秘から脱け出せます。頑固な便秘を改善する、もっとも大切なキーポイントは、なによりも便を排泄する力を回復させてやることなのです。

 

もうひとつのラクトフェリンの効果としては、ラクトフェリンは鉄分と結合することで、腸内で悪玉菌が増えるためのエサとなる鉄分を奪い取ってしまうことで悪玉菌の力を弱めつつ、悪玉菌を退治してしまうことです。便秘の元凶が増えすぎた悪玉菌にあるので、悪玉菌の力が弱くなって悪玉菌自体が減ってしまえば、便秘は必ず改善されることになります。